被災地は義援金で非常食を買っているの?

何らかの支援を行うのに寄付する金銭があります。
これを「義援金」と呼びます。
地震で被災した人、その地域の援助を目的とした寄付金を指します。
義援金は、寄付の1つの方法としてなりたっています。
寄付と言うのは、(金銭、財産)を公益施設、福祉施設、宗教施設などの公共施設へ無償で提供することを言います。
そのため重要な経済活動となっているようですね。
(笑顔)。
※「ぎえんきん」を「義援金」と記載してある事もあります。
※「義捐金」と記載してあることもあります。
本来「義捐」と言う言葉については、和製漢語で明治時代に作られたようですね。
●「捐」には、「捨てる」、「捨て去る」といった意味があります。
言い換えると、つまり「義捐金」は、「正しい行いのため」、あるいは「公共のために捨て去る金」を意味しています。
戦後の日本で行われた国語改革があります。
これは当時、「義えん金」と表記していたからです。
※「義援金」と言う表記については、新聞協会が独自に決めた代用表記になります。
ですから、元を正すと「義捐金」と言う表記になります。
現在は、「義援金」と表記されていることが多いようですね。
※ここでは「義援金」と表記していきます。
義援金の目的について、災害などにより生命、財産へ被害を受けてしまった被災者の生活支援があります。
この目的の元に集められたお金が義援金と言うことになります。
この集まった義援金は被害状況に基づき公平に配分されます。
「団体」被災した地域の地方自治体、日本赤十字社、中央共同募金会などです。
非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】